×

NIPエンジニアリング株式会社

取扱製品詳細

Home > 取扱製品一覧 > 避雷針など 支持管取付台

支持管取付台及びアンカーボルト

種類

支持管取付台は、建物の形状、取付場所、屋根材、防水処理方法に応じて、下記の方法があります。
(1)陸屋根用…コンクリート基礎(建築工事)にアンカーボルトにて取り付ける方式。
(荷重及び支持管の振動音防止のため、取付台は柱又は梁の上に設置してください。)
(2)折版屋根用…折版屋根のルーフボルトや、丸馳・角馳用雪止金物等を利用して取付ける方式。
(3)スレート屋根用…支持管・取付台等の荷重が直接スレートにかからないようにスレート屋根の鉄骨に取付ける方式。
(屋根貫通の場合は、防水上全てスレートの山部を貫通して下さい。)
(4)瓦屋根用…煉瓦に直接取り付ける方式。
(5)草葺屋根用…草葺屋根に直接取付ける方式。
※一部を除き現場合わせの必要がありますので、図面に基づき詳細寸法ご指示の上ご注文下さい。

材質

一般には鉄製(溶融亜鉛めっき仕上)ですが、ステンレス製のものも制作致します。

アンカーボルト材質

鉄製(溶融亜鉛めっき仕上)及びステンレス製があります。

棟用(スレートタイプ)

片勾配用(スレートタイプ)

折版用

陸屋根用

アンカーボルト

まずはお気軽にお問い合わせください。

Copyright© NIPエンジニアリング(株).All Right Reserved.