×

NIPエンジニアリング株式会社

取扱製品詳細

Home > 取扱製品一覧 > 受雷部・その他金物等 避雷導体及び継手

避雷導体及び継手

種類

雷撃を受け止め、雷電流を安全に大地に流すための導体で、次のような種類があります。
(1)線状導体…最も一般的な導体で、水平導体、引下げ導体、接地導体に使用します。
(2)棒状導体…棒状の導体で、主に水平導体、引下げ導体に使用します。
(3)帯状導体…帯状の導体で、主に水平導体、引下げ導体に使用します。
(4)管状導体…管状の導体で、主に水平導体に使用します。

雷保護導体の最少断面積(mm²)

※JIS A 4201:2003に適用

※アルミニウムは直接土壌と接触すると腐食進行が著しいため接地導体としては使用しないで下さい。

鬼撚導線

裸銅撚線

銅帯

銅帯継手

銅棒

銅棒ー銅棒継手

銅棒ー銅線継手

アルミ鬼撚線

アルミバー

アルミバー継手

アルミ棒

アルミ棒ーアルミ棒継手

アルミ棒ーアルミ線継手

T型継手

十字型継手

Y型継手

L型継手

まずはお気軽にお問い合わせください。

Copyright© NIPエンジニアリング(株).All Right Reserved.