×

NIPエンジニアリング株式会社

建築物の雷対策

Home > 建築物の雷対策

雷対策システムはNIPにお任せください

建物や各種設備、あるいは人身を雷による被害から守るには、 雷害によるさまざまな現象への対策が必要です。

NIPエンジニアリングでは、建物自体や屋外機器設備等を雷から守る「雷対策システム」を法定規格に基づいて計画し、適切な施工により雷の大部分を大地に流すことで建物内部や設備に侵入させないようにします。 また、グループ企業である音羽電機工業では、建物内部における電子機器等への雷害対策として、雷の侵入経路ごとにSPDや耐雷トランスを設置することにより、ハードウェアやソフトウェアへの雷被害を防ぎます。

雷対策は、建物内外をトータルにサポートする
音羽電機グループ・NIPエンジニアリングにお任せください!

※建物内部機器への雷対策・SPD・サージシェルター等については、
音羽電機工業 へお問い合わせください。

雷保護システムの設置義務について

  • 高さが20メートルを超える建築物
  • 建築物に設ける電気・ガス・給排水・空調・消火・排煙等の設備または煙突および昇降機等において、その高さが20メートルを超える部分
  • 指定数量10倍以上の危険物を取扱う、製造所・屋内貯蔵所及び屋外タンク貯蔵所

上記にあてはまる建築物や工作物および危険物を取り扱う施設においては、建築基準法及び消防法の関連法規により、雷保護システムの設置が義務付けられています。

また、過去に設置した雷保護システムにおいても、常時適法な状態に維持するよう努めなければならないことが建築基準法において定められています。(定期的な点検が必要)さらに、現代のネットワーク社会において欠かせない半導体等を要する機器は、落雷による異常電圧に弱く、機器損傷による問題発生は重大な被害を生み出してしまいます。近年の異常気象に伴い雷被害も増加傾向にあることから、NIPでは雷保護システム設置義務の如何を問わず、万全な雷対策を施すことを強くお勧めいたします。

雷保護システムの例

雷保護システムの例

新築物件・改修物件の雷対策や、既設の建築物における
雷保護設備点検は、NIPエンジニアリングにお任せください!

  • 雷対策システムの設置基準(法規)
  • 雷対策システムの設計について
  • 安全NIP施工
  • 安心NIP品質
  • 雷対策設備の点検について

まずはお気軽にお問い合わせください。

Copyright© NIPエンジニアリング(株).All Right Reserved.