×

NIPエンジニアリング株式会社

抵抗低減剤ニッピアースⅡ

Home > 接地調査 > 抵抗低減剤ニッピアース

抵抗低減剤ニッピアース

接地抵抗低減剤

特徴

  • 優れた接地抵抗低減作用を有し、接地工事費の節減をもたらします。
  • 使い方が非常に簡単でポリ容器等が必要ありません。
  • 抜群の低減作用持続性があります。
  • 接地極を腐食させません。

主な用途

  • ●発変電所の接地(棒状埋設・銅板埋設・埋設地線・メッシュ・深打ち工法)
  • ●送電鉄塔・配電線柱の設置(耐雷型)
  • ●無線中継所・放送アンテナ等の鉄塔及び設備機器の接地
  • ●雷保護システム用接地
  • ●電磁誘導障害防止用接地
  • ●危険物タンク・貯蔵庫の接地
  • ●その他設備機器全般の接地

仕様

  • 成分:セメント及び導電性塩を主体とする無機組成物
  • 外観:灰白色の粉末

硬化所要時間(分)

使用水量(ニッピアースⅡ1袋10kgあたり)\温度 30℃ 20℃ 10℃
6L 普通土(粘土混じりの土) 8分 12分 18分
5L 砂質土(砂分が多い土) 6分 10分 15分
4L 砂れき、玉石 4分 7分 10分

併用の経済効果例

規定値20オームの場合

接地棒単独 ニッピアースⅡ併用
使用材料 接地棒 12 5 6
堀削穴数 ニッピアースⅡ(kg) - 50 60
堀削穴数 12 5 6
極間距離(m) 30 30 15
接地所要面積(㎡) 270 102 66

併用の経済効果例

使用方法

  • 1)ニッピアースⅡの使用量に応じて定められた大きさに穴を掘り、接地極を埋設する。
  • 2)中袋を取り出しライン(ブルー)まで水を投入する。
  • 3)数分間よく振り混ぜてください。
  • 4)振り混ぜたニッピアースⅡを接地箇所に投入してください。
  • 5)穴の中のニッピアースⅡが硬化してから土を埋め戻す。

使用方法

ニッピアースⅡのほか、各社接地抵抗低減剤の取り扱いがあります。
大地抵抗率が知りたい・抵抗値を下げたい・接地システム設計等々、
ご相談・ご依頼についてはお問い合わせフォームよりご連絡ください
担当者がご相談内容をお伺いします。

まずはお気軽にお問合わせください。

Copyright© NIPエンジニアリング(株).All Right Reserved.