×

NIPエンジニアリング株式会社

雷対策システムの設計について

Home > 建築物の雷対策 > 雷対策システムの設計について

2003規格による雷保護

避雷設備構成

  • 1.受雷部システム・・・・・雷撃を受けるための部分。
  • 2.引下げ導線システム・・・受雷部システムから接地システムへ流すための部分。
  • 3.接地システム・・・・・・雷電流を大地へ流し拡散させるための部分。

2.引下げ導線システムの種類と配置基準

引下げ導線システムの種類

a).直接法・・・・被保護物に沿って避雷導線を引き下げる方法。
b).簡略法・・・・被保護物の鉄筋又は、鉄骨を利用する方法。

引下げ導線システムの配置基準

a).直接法の場合
引下げ導線の間隔は下表に示す平均間隔以内となる様に配置する。
又、引下げ導線は2条以上とし水平投影面積25㎡以下のものは1条でよい。

保護レベル
引下げ導線の
平均間隔(m)
10 15 20 25

引き下げ導線は地表面付近および垂直方向、最大20m間隔ごとに水平環状導体により接続しなくてはならない。

b).簡略法の場合
引下げ導線“構造体利用”とする場合、構造材金属体との接続は、下表に示す保護レベルの平均間隔以内とする。

保護レベル
引下げ導線の
平均間隔(m)
10 15 20 25

引下げ導線“構造体利用”を構造体鉄骨鉄筋を使用する場合、水平環状導体は省略してもよい。

※解説では、「鉄骨造、鉄筋コンクリート及び鉄骨鉄筋コンクリート造の鉄骨や鉄筋は縦横に組合され十分な電流容量を持ち、又、鉄筋相互の電気抵抗も十分低いという実測結果も得られている。」としている。

引下げ導線システムの材料について

引下げ導線システムの材料最小寸法

保護レベル 材料 引下げ導線(㎟)
Ⅰ~Ⅳ
アルミニウム
16
25
50
  • 雷対策システムの設置基準(法規)
  • 雷対策システムの設計について
  • 安全NIP施工
  • 安心NIP品質
  • 雷対策設備の点検について

まずはお気軽にお問い合わせください。

Copyright© NIPエンジニアリング(株).All Right Reserved.